忍者ブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ファッション―18世紀から現代まで 京都服飾文化研究財団コレクション18世紀から2000年までカラー写真でつづった世界最高峰のファッション写真集
    ワコール傘下の京都服飾文化研究財団(KCI)は約1万点の西欧の服飾資料を収集し、この本には約400点をカラー写真で約700頁掲載。その質量は英国V&A美術館の服飾部門に勝る内容。有名服飾博物館の収蔵カタログ写真集と比べたら雲泥の差の素晴らしい一冊。

    18世紀中頃から末期にかけてのベルバラ風ドレスが十数点、エマ風エンパイアドレス約20点、ロマンチック時代からクリノリンドレス末期まで数十点、バッスルスタイル10数点、エドワーディアンから第1次大戦前迄数十点がフルカラーで本の前半部分になる。後半は現代の有名デザイナ(ポアロ、ランバン、ヴィオレ、シャネル、キャロ姉妹、グレ、スキャパレリ、ディオール、サンローラン~渡邊淳也まで色々)の代表的ドレスを数点づつ掲載。

    ただし、写真自
    里六?蠶召靴靴討?蕕此?甬遒療戸颪里發里?曚箸鵑匹20年以上前のも多いため一部写真の色がやや悪い。KCIが過去に行った展覧会の(某ネットオークションで高値をつける)カタログ「華麗なる革命」「浪漫衣装展」の写真もかなり掲載されている(無いのもある)。下着類は少しだが「身体の夢ファッションOR見えないコルセット展」のを掲載。扇やバッグや帽子等は少しだけ掲載。宝飾品はほとんど無し。ただしカタログになかったような拡大図や接写がある。写真中心のため解説は数行づつ。時代背景を示す写真や絵画等の掲載もあり。専門用語の解説は無し。

    これだけで洋風ファッションの流れがすべてわかるといっても過言ではない?...


    PR
    ITプロジェクトの「見える化」 総集編 (SEC BOOKS) HOME MOT“技術経営”入門 (マネジメント・テキスト)。(
    Copyright © BP-NET All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]